女の人

年齢とお別れしよう~フェイスリフトで叶える年齢不詳顔へ~

施術の種類

顔に触れる女性

年齢とともに気になる頬のたるみを美容整形で改善するにはどういった方法があるのでしょうか。頬のたるみ具合や料金によって選択肢は様々です。たるみは顔全体に起こるものです。美容整形でリフトアップできる部位はたくさんあります。目尻のたるみを取るならこめかみあたり、重くなったまぶたを改善する目の上などです。どの部分をリフトアップすれば効果的であるか、よく検討しましょう。頬のたるみを取る方法は大きく分けていくつかあります。皮膚にメスを入れて皮膚のたるみを取る施術は、たるみを改善するには一番よい方法です。効果も高く元に戻ることも少ないので安心です。頬のたるみが強く出ているときに検討してみるとよいでしょう。メスを入れて皮膚を切るので場合によっては傷が目立つ可能性があります。なるべく目立たないこめかみ、額の位置にメスを入れるのですが、メスを入れた部分に髪の毛が生えていた場合、傷が原因で髪が生えなくなってしまうこともあります。医療用の安全な糸を入れて頬のたるみを引き上げる方法は、皮膚にほとんど傷が残らない施術方法です。皮膚を切るとしても2センチ程度でまず目立つことはないでしょう。全く皮膚を切らない施術を行なう病院もあります。メスで切る施術より効果は低いのですが、顔に埋め込まれた糸は半年から1年程度で体内で溶けて吸収されます。吸収されると効果がなくなるわけではありません。糸は体の中に癒着し効果は継続します。効果がある期間は2年から3年といわれています。同じ糸を頬のたるみに入れる施術でも、物理的に引き上げるのではなく皮膚にハリを出す方法もあります。糸を何十本か皮膚の下に入れます。比較的手軽に行える施術方法なので人気があります。